友人にすすめられた本「ガルシアへの手紙」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
本の表紙 ガルシアへの手紙

「ガルシアへの手紙」という本を、友人にすすめられて読みました。
薄い本ですぐに読み終わりましたが、仕事や人生について考えさせられちゃう内容です。

あなたはガルシアに手紙を届けられるだろうか? ——という1行で始まります。

ガルシアはどこにいるのかもわからない、情報もない、でも至急を要する手紙。託されたローワンという男は「わかりました」とだけ言って、背筋をビシッと伸ばして引き受けます。

一方、「どこにいるのですか」とあれこれ質問したり、言い訳したりする人には、大切な仕事は託されないし、いずれは……!?

たまにはこんな本もおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。