ホテルカデンツァ光が丘の「ビュッフェ&ダイニング ルミエール」がリニューアルオープン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

少し前になりますが、10月13日、Kacceの読者プレゼントでもおなじみの「ホテルカデンツァ光が丘」の人気レストラン「ルミエール」などがリニューアルオープンし、超スタイリッシュでおしゃれな空間に大変身♡

10月17日には、ホテル開業25周年記念謝恩パーティーが開催されましたので、あわせてご紹介します!

「ビュッフェ&ダイニング ルミエール」のテーブル席。特徴ある照明器具が印象的ですね。
さまざまなホテルを手掛けてきたデザイナーさんによる設計だそうです。

奥にはガラスで仕切られた個室が誕生。こちらではフレンチのコース料理が楽しめるとのこと。

リニューアルにより、いちばん雰囲気が変わったビュッフェエリア。

バーラウンジも大変身。

なんと、今までレストラン内にあったグランドピアノが、入り口の水盤の上に…。

このピアノは、週末などにプロの演奏家が演奏する以外は、誰でも弾いていいそうです。NHK教育テレビで紹介されている「駅ピアノ」のカデンツァ版という位置付けだそうです。

このピアノからのメッセージは「Play me, I’m yours.」。
プロの方はもちろん、お客様や、たまたま通り掛かった方、素人の方も大歓迎だそう。弾きたい人が弾いていいピアノ。素敵ですね♡

上手い下手は一切関係なく、良識的な使い方を期待しているとのことですが、ふざけ半分の演奏はNG。「Play me」とささやいてきたピアノに心を寄せてピアノの音色を楽しんでほしいとの願いが込められているそうです。

そして、ベーカリー&ケーキのボンパルファンもシックな雰囲気に。

ホテルのフロントのデザインも一新!

ホテルカデンツァ(25周年記念パーティー看板)

地元の関係者約400名が招待されたパーティーは、地下の大宴会場で盛大に行われました。


さらに、今や世界にもその名をとどろかせている宮崎の高級ブランド牛「尾崎牛」がどどーんと出迎えてくれました!

とろけるような舌触りの尾崎牛♪ ローストビーフや青椒肉絲、すきやきが振る舞われました。

ホテルカデンツァ(尾崎牛の尾崎宗春さん)

宮崎県から駆け付けてくださった尾崎宗春さん。宮崎県にある尾崎牧場で、約1,000頭の尾崎牛を育てています。
都内でもなかなかお目にかかれない尾崎牛ですが、尾崎さんとホテルのオーナーとの出会いがきっかけとなり、ホテルカデンツァ光が丘は、練馬区内で唯一尾崎牛が食べられる場所となりました。

ホテルカデンツァ(尾崎さんと総料理長)
尾崎さん、カデンツァの総料理長の石川さん、協同クリエイティブの代表との3ショット。

ホテルカデンツァ(尾崎さんと2ショット)

尾崎さんとKacce編集長の2ショットも♪

さらに、大間のマグロをその場で握ったお寿司など、ホテルメイドの素晴らしいお料理が並びました。


また、復興の応援を込めて、福島のブースが出展しました。日中は産直野菜、夜はお酒や名産品などの販売が行われ、パーティーに華を添えていました。

リニューアルした「ビュッフェ&ダイニング ルミエール」の食事券は、Kacceの読者プレゼントとして引き続きご提供いただいておりますので、ハガキやフォームでどしどしご応募くださいね!
おすすめコメントや投稿、アンケートにもご協力よろしくお願いします。

ホテルカデンツァ光が丘

練馬区高松5-8
TEL:03-5372-4411

「ホテルカデンツァ光が丘」ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。