光が丘のIMAホールで毎月開催されている「IMA寄席」の寄付金贈呈式が行われました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
寄付贈呈式

毎月1回、金曜日の夜に開催されている「IMA寄席」。光が丘のIMAホールの看板公演として1989年にスタートしてから、この4月で351回目が終了したという、歴史ある寄席なんです。

「IMA寄席」の木戸銭は100円以上。そんな太っ腹な上に、買い物がてらフラッと観に行ける気軽さもあり、Kacce読者にも大人気!

IMA寄席1

実はこの「IMA寄席」の木戸銭は、株式会社新都市ライフホールディングスの社会貢献事業の一環として、毎年練馬区社会福祉協議会に寄付されているんです。

寄付贈呈式

2019年4月23日に行われた寄付金贈呈式で、株式会社新都市ライフホールディングス早川一郎業務部長から大川義宏会長に目録が手渡されました。

IMA寄席4

第1回目からIMA寄席の主任を務める春風亭正朝師匠が臨席し、一門から春風亭勢朝師匠、春風亭一蔵氏(両氏とも練馬区在住の落語家)も応援に駆けつけたそうです。

今月のIMA寄席は、5月17日(金)19時からです!

IMAホール公演情報[公式サイト]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。