いよいよ明日。「いたばし花火大会2018」見どころやアクセス、チケットについてご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
いたばし花火 イメージ

練馬区 花火フェスタも無事に終わり…

いよいよ今週末は「第59回 いたばし花火2018」ですよ〜!

8月4日(土)の19時から、荒川河川敷で行われます。

いたばし花火大会2018の見どころ

いたばし花火大会のきっかけは、1951年(昭和26年)に行われた、埼玉県旧戸田町(現・戸田市)と、板橋区の間の“都県境変更”。

「飛び地」を含む、複雑な都県境がシンプルに分かりやすくなったことを記念して、同年に「戸田橋花火大会(戸田町主催、板橋区後援)」が開催されました。

いたばし花火 イメージ

いたばし花火大会 | 板橋区[公式サイト]

以降、毎年行われるようになり、第11回から「区民納涼花火大会」、第21回から「板橋花火大会」と名称が変わり、1988年(昭和63年)の第30回からは現在の「いたばし花火大会」に。

2002年(平成14年)には仕掛け花火「大ナイアガラ」の長さ2,002メートルで当時の世界一に認定、ギネスブックに登録されるなど、「伝統の隅田川」に対して「実力のいたばし」と言われています。

 

打ち上げ数は、対岸で行われる「戸田橋花火大会2018」と合わせて12,000発超。

戸田橋花火大会 2018 ~第65回~公式サイト

 

中でも、長さ700メートルにわたる仕掛け花火「大ナイアガラの滝」や、都内最大の大玉「尺五寸玉」の打ち上げは必見です!

会場へのアクセス

会場は、荒川南岸の河川敷(都営三田線側)。

都営三田線「高島平」「西台」「蓮根」、JR埼京線「浮間舟渡」各駅から徒歩約20分の場所です。

 

電車の他、「成増駅北口~高島平駅・高島平操車場」と「東武練馬駅~高島平駅・高島平警察署」の臨時シャトルバスも運行されます。

8/4(土) いたばし花火大会開催に伴う迂回・臨時バス運行のお知らせ | 国際興業バス

いたばし花火大会2018のチケット(有料指定席)

有料指定席の席種と、料金の一覧は↓こちら。

いたばし花火大会2018 料金・席種のご案内

料金・席種のご案内(公式PDF)

当日、現地でも購入できる有料席は「S席」です!

当日券を販売いたします。
・8月4日(土)16時頃(予定)~売り切れまで
(なお、熱中症対策として当日の状況次第では販売開始を繰り上げる場合もございます)
・13エリア上段のS席エリアを販売
・販売は1枚ずつ、お一人様8枚までご購入いただけます
・当日券売り場は13エリア戸田橋側の平面に設置します
・販売価格は¥3,600 / 席(※)

お知らせ | いたばし花火2018

有料席を当日ゲットしたい! という方は、事前に会場MAPで「当日券売り場」をチェックしておきましょう。

いたばし花火大会2018 会場MAP

会場のご案内 | いたばし花火2018

残席の状況は、公式Twitterでも入手できます。

いたばし花火大会[公式Twitter]

熱中症に要注意!

当日の会場は、大混雑&高温が予想されます。

こまめに水分補給と休憩をしながら、安全に花火を楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。