お湯が出ない、排水が詰まった…住まいのピンチは練馬の「名東工業 練馬給湯器ガスセンター」へ!〔PR〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
名東工業(集合写真)3

水まわりのトラブルで困っているという読者の方から、Kacce編集室にSOSのハガキが!

「最近、お湯の出が悪かったり、突然シャワーのお湯が水になったり… 。もう15年くらい使っていますが、そろそろ修理が必要なのでしょうか。排水も詰まり気味になってきて困っています」(大泉学園町 52才・女性)とのこと。
これはどの家庭でも“あるある”なトラブルなのでは!?

読者のお悩みを解決するため、さっそく練馬区関町北の「有限会社名東工業 練馬給湯器ガスセンター」へ!
平成10年の創業以来、多くの給湯ガス器具機の施工と販売を行ってきた代表取締役の牛山裕樹さんに、Kacce編集長がお話を聞いてきました。

給湯器の不調を見逃さないで!

「お湯の出が悪い」
「シャワーがいきなり水になる」
「追い炊きができない」
「給湯器から異音がする」
「煙が出る」
…こういった不具合の原因は、給湯器なんだそうです。

給湯器の交換の様子

給湯器の交換の様子

水まわりは生活に密着しているので、お湯が出なくなったら緊急事態! お風呂にも入れなくなってしまいます。

大切なのは、不調を見逃さず、おかしいと思ったらすぐ修理を頼むこと。ただし、給湯器の耐用年数は基本10年。給湯器は修理してずっと使う物だと思っている人が多いそうですが、平均交換年数は12〜13年。10年以上使っていて不調が見られたら、買い替えを検討した方がよさそうですね。

給湯器は賢く交換しよう

浴室のリモコンの取り付け工事中

浴室のリモコンの取り付け工事中

給湯器の日本4大メーカーは、リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス。実はどのメーカーの製品も、性能はそれほど変わらないのだそうです。ただ、時期によってメーカーの割引率が違うため、各家庭に合った機能で一番安いものを選ぶのが買い替えのコツ、というわけです。

「お客様に最適の商品をできるだけ安くご提案しています」と、牛山さん。給湯器のプロにお任せすれば安心ですね!

でも、給湯器だけでなく、蛇口や排水のトラブルなど、住まいの困りごとが多岐にわたる場合、どこに相談すればいいのでしょうか。「ついでにキッチンやトイレなどのリフォームの相談もしたい」…そんな悩みも丸ごと解決してくれたら楽なのに…。

牛山さん(中央)とスタッフの皆さん

実は、名東工業は、ゼネコンの大きな建築工事からリフォームやイノベーションまで対応しているので、住まいのことなら何でも相談に乗ってくれるそうです。
まさに“住まいのお医者さん”! かかりつけ医を見つけておくと、緊急時も安心ですね。

「相談から施工まで、お伺いするのは私たちスタッフです。最初から最後まで責任を持って担当しますので、安心しておまかせください!」

店舗情報

▶︎「有限会社名東工業 練馬給湯器ガスセンター」ホームページ

住所:練馬区関町北2-31-6
電話:0120-123-355(24時間OK)
緊急時の連絡先:070-3664-4164(担当:西山)
メール:tyranno@meito.tv
相談・お見積もりは無料

※Kacce読者特典として、ビルトインコンロと給湯器をご注文された方は、「Kacceを見た」で通常価格から10,000円引きとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。