練馬駅前の「ミスタードーナツ練馬ショップ」が8月31日で閉店に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ミスド閉店-2

練馬駅の南口に出ると、千川通りをはさんで、風景の一部になっていた「mister Donut」の看板。

まさか、この風景が当たり前じゃなくなる日が来るなんて…!

地元民に愛されて46年

「ミスタードーナツ練馬ショップ」が開店したのは、なんと昭和47年!

つまり1972年てことで、46年間もここでドーナツを提供し続けてくれていたんですね〜。

店の前の貼り紙には、理由は「都合により」としか書かれていませんでしたが、正式な閉店日時は「2018年8月31日(金)18時」だそうです。

お客さまへ ミスタードーナツ練馬ショップ

Kacceもずっと置かせていただいていたので、本当に残念です。

駅前で大きなガラス張りの窓だから、待ち合わせ場所にも最適。

時間調整や雨宿りで、駆け込んだこともあったなぁ。

 

お店の方によれば、ここは都内で2番目にできた店舗で、全国では29番目だそう。東京では老舗だったんですね。

2階の屋根や、ロッジ風のデザインが特徴的でした。

ミスタードーナツ練馬ショップ 外観

練馬店ならではのエピソードを伺うと、

「やっぱり酉の市ですね。大鳥神社がすぐ裏なので、毎年10個、20個と大量に買っていかれるお客さんが多く、1年のうちで特ににぎわう時期です」

「幼稚園の時からずっと通ってくださっている地元の方もいらっしゃいます」

など、チェーン店とは思えないほど地域に密着していたことがわかります。

ミスタードーナツ練馬ショップ 外観

9月末で店仕舞いとなる「味のとんかつ とん陣」もそうですが、長い間、練馬の駅前で街を見続けてきたお店がなくなってしまうのは、本当に寂しい…。

どこのお店で食べても同じドーナツだけど、窓際の席で駅前を行き交う人や車を眺めながら、練馬ショップでもう一度ドーナツ食べておきたいな。

 

Kacce読者からのコメント

最後に…

毎月200通以上、多い時は500通を超える読者ハガキにも、ミスタードーナツ練馬ショップのコメントがたくさん書かれています。

2018年になってから届いた声を一部ご紹介しましょう。みんなに愛されていたんだなーと、あらためて実感!

  • 練馬店は通り側ですぐ入りやすく、寄りやすい。モーニングでパイとカフェオレのセットを頼むのが好きです。 練馬区田柄 60才 女性
  • 店員さんが明るい。ドーナツおいしかった! 練馬区錦 80才 女性
  • 子どもの頃から大好きです。練馬店は喫茶店のようにくつろげるお店です。 練馬区中村 48才 女性
  • 季節に合わせてドーナツもいろいろ変わって、飽きることなく大好きです。 練馬区桜台 11才 女子
  • 「ランチ」が始まったので、気軽にいろんな種類が楽しめます。助かります。 練馬区練馬 24才 男性
  • 月に10回は行きます。カードのチャージがとても頻繁になっています。食べるのはいつもチョコリングです。 板橋区若木 59才 男性
  • 広い店内で、ドーナツの種類の多さに居心地の良さを感じます。 練馬区東大泉 38才 男性
  • ブレンドコーヒーがお替わりできるのが好きです。 練馬区光が丘 67才 男性
  • おいしいドーナツとお替わり自由のドリンクでホッと一息させてもらっています。 練馬区中村北 51才 女性
  • 明るく落ち着いた雰囲気の店内。やっぱりドーナツはおいしかった! 板橋区中台 ?才 女性
  • 喫煙席はガラガラで禁煙席は満員だったので、全席禁煙だといいなあと思いました。特に家族連れが多いエリアなので…。 練馬区豊玉北 33才 女性
  • 2階席は眺めが良く、気分良く過ごせます。 練馬区向山 55才 女性
  • ドーナツが好きで、たまに食べたくなると行ってました。飲茶と担々麵も好きです。ドーナツはパイが好きです。 練馬区関町北 25才 女性
  • お正月に買った福袋のドーナツ券(¥2,000)で、ドーナツ20個を毎日おいしく10日間続けて2個ずつ食べました。来年もまた買いたいです。 板橋区三園 61才 男性
  • スタッフの方が元気で感じが良いです。2階がすべて喫煙なのは残念でした。 新宿区 47才 女性

「ミスタードーナツ練馬ショップ」の詳細

住所:練馬区豊玉北5丁目18-11
営業時間:7時〜22時
無休 ※2018年8月31日営業終了

練馬ショップ | ミスタードーナツ[公式サイト]


 

関連する投稿

練馬のとん陣さんが47年の歴史に幕を閉じます(2018年9月30日まで)

衝撃のニュースをお伝えします。 なんと、1971年創業の「とん陣」さんが9月30日で店仕舞いすることになりました。 ご主人が23歳の時から70歳を迎えた今日まで、頑固なまでに独自製法にこだわり続け、ずっと変わらないとんかつの味を提供してくれました。 ランチを食べ終わると、体の中から元気が出て「よし! 午後もがんばるぞ」と不思議と力が湧いてきます。 …

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。