中板橋の「欧風菓子 白鳥」の取材レポート。シュークリームもケーキも美味しすぎる♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Kacce6月号で特集した「中板橋のグルメさんぽ」。この中から、老舗のまちのケーキ屋さん「欧風 白鳥(しらとり)」をご紹介します!

スワンの形をしたシュークリームは、見るだけでうっとり♪ 食べたらもっと幸せになれる美味しさでした♡

白鳥9

昭和41年創業当時のままという店構え。
1階はケーキ店、2階は喫茶店になっており、3階はお菓子を作る工房だそうです。

白鳥1

ショーウィンドウには色とりどりのケーキが並んでいて、どれも美味しそう♡
300円~400円くらいの価格帯ながらボリュームがあって、見ているだけで嬉しくなってきちゃいます♪

白鳥8
白鳥3

モンブランにショートケーキ、サバラン、プリン、アップルパイ…昔から変わらない、ほっとするようなラインナップです。

白鳥6
白鳥4

こちらは、「板橋のいっぴん」にも認定されている「森の精 バウムクーヘン」。
カットされたものから、大きさの違うホールまで、様々なタイプが揃っています。

「今はオシャレな包装をする所も多いけど、うちは極力シンプルにしているの。その方が常連のお客さんには評判がいいのよ」と、店のお母さん。

また、都心の有名店のケーキを食べると、なぜか「白鳥」のケーキが食べたくなると言って帰りに買っていく地元のお客さんもいるそうです。

白鳥7

年季の入った階段を上がり、デザインが特徴的な壁紙などレトロ感たっぷりの喫茶室へ。
シュークリーム(260円)をいただきました。

白鳥2
白鳥14

シュークリームがスワンの形をしているのは、もちろん店名の「白鳥」にちなんで。インスタ映えすると人気のシュークリームは、ほっそりとした首の曲線、羽根のフォルム、そのたたずまい(?!)、とにかく美しくて感動!

白鳥10

後ろから見たところ(笑)。
中には、生クリームとカスタードクリームの2種類がたっぷり詰まっています。クリームがとっても新鮮で、甘すぎず、美味しすぎてさらに感動!! 

「欧風菓子 白鳥」は、中板橋駅南口からすぐのところ。
ぜひ2階でゆっくりティータイムを楽しんでみてくださいね♡

<おまけ>
他のケーキも食べたくなって、帰りにいろいろケーキを買って帰っちゃいました(笑)。

白鳥13

これはサバラン(360円)。「かなりアルコールが強いので気をつけて〜」と言われた通り、大人のスイーツです!

白鳥12

ミルフィーユ(380円)。

白鳥11

モンブラン。クリームも生地もおいしかったです!

欧風菓子 白鳥

住所:板橋区弥生町31-15
電話:03-3958-4425
営業時間:9時~20時(喫茶は19時L.O)
定休日:水曜、正月・お盆に不定期休み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。