【千川総合法律事務所】経験豊富なベテラン弁護士がどんな相談にも親身に対応!〔PR〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
千川総合法律事務所(入り口ドア)

2021年5月、長年にわたり麹町の法律事務所で経験を積んできた弁護士の山田齊(ひとし)先生が、東京メトロ有楽町線・副都心線の千川駅前に「千川総合法律事務所」を開所しました。地元住民のために尽くしたいという山田先生の思いや経歴などを伺いました。

今までの経験を生かして地元に貢献したい

事務所に入ると、まず、壁いっぱいの本が目に飛び込んできます。これらの法律関連の専門書はトータルで数千万円にもなるそう!「文献を当たって調べる」ことが大切な職業ならではですね。

千川総合法律事務所(本棚)
壁いっぱいの本!

山田先生の弁護士歴は、30年余り。東京弁護士会の法律相談センター運営委員会副委員長、民事介入暴力対策委員会委員長などを歴任し、組織犯罪対策立法や暴力団対策にも関わったとのこと。

「これからは、今までの経験を生かして地元の皆さんの力になりたい」との思いで、裁判所や弁護士会のある桜田門にも自宅のある練馬区にもアクセスの良い千川駅で、新たなスタートを切りました。

守備範囲はオールラウンド。金銭貸借や不動産売買のトラブル、親族間や家庭内のトラブル、相続・遺産分割、借地借家など…どんな困りごとでも、相談者の話をじっくり聞いて親身にサポートしてくれます。さすが経験豊富な弁護士先生、心強いですね!

相談者にとって最良な解決策を見つける

千川総合法律事務所(机)

どんな時でも、山田先生が大切にしているのは、「相談者が一番困っていることは何か、相談者にとって最も有利な法的解決策は何かを考えること」だと言います。

問題解決はもちろん、プロに任せる安心感を得られるのも大きなメリット。

困った時は自分だけで解決しようとせず、プロの力を借りることも選択肢のひとつとして考えておくとよいかもしれませんね。

スムーズな相続には「死因贈与契約」

身近な問題として相談が多いのが、相続について。誰にとっても身近でありながらトラブルになりやすい問題です。

スムーズな相続のために山田先生が推奨しているのは「死因贈与契約」。贈与者が生前に、財産を渡す相手を決めておく契約のことで、贈与者の死亡によって履行されます。

遺言とはどのように違うのか、教えてもらいました。

「遺言は、自分の財産を誰にどう渡したいかという“意思”を、自筆で書面に記載しておくもの。受取人の承諾を得ておく必要はありません。これに対し死因贈与契約は、贈与者と受贈者双方の合意による“契約”なので、お互いにとって納得のいく内容を決めておくことができます。弁護士が作った書面に署名するだけで済むので、手間がかからないのも大きなメリットです」

さらに、遺言書は、本人が亡くなったあとに家庭裁判所の検認が必要ですが、死因贈与契約の場合は、それも不要とのこと。贈与については、贈与税はかからず税率の低い相続税で済むということです。

「死因贈与契約」について詳しく知りたい方は、ぜひ山田先生に相談してみてください。

相談者の気持ちに寄り添って

千川総合法律事務所(花)

初回相談は無料のうえ、時間制限は設けていません。

「初めての相談で時間を気にしていたら、落ち着いて話ができませんよね」と、山田先生。

初回の相談で用意しておいた方がいいものはあるのでしょうか。

「特に準備していただくものはありません。お話を伺っているうちに確認すべきことや必要なものがわかってきますから」

仕事も趣味も一生懸命

実は、山田先生は元銀行員。銀行に7年半勤務したあと、司法試験に合格して弁護士になったという経歴の持ち主です。

「融資も営業も経験し、銀行でキャリアを積んでいました。でも、このまま管理職になって実務から離れてしまったでいいのかと考え、生涯、自分の裁量でできる仕事をしていきたいと思って弁護士という職業を選びました。結局、現場が好きなんです(笑)」

それからの人生を弁護士の仕事に捧げてきた山田先生ですが、趣味も全力投球!

「銀行に入ってから山岳部に入り登山のルールを覚えました。弁護士になってからも山に登っています。水彩画も描くので、写生を兼ねて旅行に行くのも楽しみですね。銀行時代はコーラス部で歌も歌っていました。今はカラオケで役に立っています」

休日は自宅近くの光が丘公園に出かけ、リフレッシュしているそう。

「常に意識しているのは、健康に生きるためにはどうしたらいいか?ということ。気になる症状があれば本を読んで研究し、できるだけ薬に頼らず、自然由来成分のサプリメントを摂るようにしています。自分の体のことは自分が一番よく知っていますから。そのおかげで体調は万全です!」

アクセスの良い千川駅

事務所がある千川駅は、東京メトロ有楽町線と副都心線が利用でき、池袋からも近いため、アクセスは言うことなし。さらに、駅からすぐ近くという立地も便利です。

千川総合法律事務所(ココス)
COCO’Sの右手から裏に回り、駐輪場の奥にあるビルのエレベーターをご利用ください
千川総合法律事務所(外廊下)
エレベーターを降りてすぐの部屋
千川総合法律事務所(入り口ドア)
ドアの前には案内がしっかり出ているので迷うことはありません

最後に、山田先生からのメッセージです!

「事務所がある豊島区や練馬区、板橋区など、地域の皆さまはもちろん、どなたでも、どんなことでも気軽にご相談ください」

■千川総合法律事務所

【住所】豊島区要町3-23-7 大野千川ビル201号

【アクセス】東京メトロ有楽町線・副都心線千川駅(池袋駅から2つ目)

1番出口より徒歩1分 

レストランCOCO’Sの裏に回り、駐輪場の奥にあるビルのエレベーターをご利用ください

【電話】03-5926-3551

【電話受付時間】9時30分〜17時30分(平日のみ)

【相談時間】10時〜19時(平日・土曜。土曜は予約のみ)

「千川総合法律事務所」ホームページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。