「ステイホーム」を乗り切る 料理の裏技&時短テクニック大公開!(Kacce2月号掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
料理裏技(イラスト)

緊急事態宣言の期限延長を受け、まだまだ続くよ毎日の食事づくり…_| ̄|○
そんなアナタのために、毎日の食事づくりが少しでもラクになるように、月刊Kacce2020年2月号(vol.434)で掲載した「料理の裏技&時短テクニック」をあらためてご紹介!
ゆったりとお家ごはんをお楽しみください!

知っているだけで、楽々&時短

★ポリ袋が大活躍!鍋ひとつでスピード調理
料理裏技(ポリ袋)

・ごはん…米1カップ+水1.2カップを入れたポリ袋を水から鍋に入れ、25分加熱したら取り出して蒸らす。
・肉や魚…調味料と一緒にポリ袋に入れ、沸騰している湯の中で約20分加熱。
・野菜…小さめに切った野菜と調味料をポリ袋に入れ、沸騰している湯の中で約20分加熱すれば煮物の完成。

 ※耐熱性のある半透明のポリ袋を使いましょう。

★簡単! 野菜の下ごしらえ
料理裏技(ごぼう)

ゴボウ…皮むきは、くしゃくしゃにしたアルミホイルでこするだけ。

料理裏技(里芋ゆで)
料理裏技(里芋)

サトイモ…丸ごとゆでて水で冷やしながら皮をむくと、つるっとむけて手もかゆくならない!

料理裏技(ピーマン)

ピーマン…種が散らからないように中心からずらして切る

Kacce読者から届いた 魔法のテクニック

★調味料のチョイ足し
・鶏のむね肉は、マヨネーズまたは酒をもみ込んで5分ほど置いてから調理すると、しっとり柔らかに。28才・女性
・卵焼きはマヨネーズを加えて作ると、口当たりがふっくら♡ 49才・女性
・ごはんを炊く時、ごま油を1さじ加えると香りが良くなり、お米もツヤツヤに! 40才・女性
・肉をポン酢に2時間ほど漬けてから焼くと、あら不思議。みそ漬け風の味に!ポン酢は万能選手。35才 女性
・アジやサバなど青魚の切り身をハチミツに漬けておくと、ふっくらジューシーになり、臭みも消えます。49才・女性
・シチューに昆布茶を入れると味に深みが増してコクが出ます。ビーフシチューにチョコレートを入れると、プロの味に大変身! 40才・女性

★冷凍庫を味方につけて
・大根は切って冷凍してから使うと、味がしみやすくなります。31才・女性
・ショウガは残ったら丸ごと冷凍。そのまますりおろせて、切り口を水でぬらせばスライスもできます。香りも落ちないので便利ですよ! 41才・女性
・キノコ類は冷凍保存しておくと、みそ汁、鍋料理、野菜炒め、パスタなど、幅広く使えて便利。49才 女性
・タマネギは冷凍しておけばいつでもすりおろして使えるし、涙も出ないので超便利! 50才・女性
効率よく時間を使おう
・パスタは1時間以上水に浸けてからゆでると、時短でエコに。生パスタみたいにもっちりしてソースが絡みやすくなり、GOODですよ! 68才・女性
・餅は、両面を水で濡らし、ラップをしないでレンジでチン。あっという間にモチモチに。36才・女性

★「切り方」の発想をチェンジ!
・キャベツや白菜は横半分に切って別々に保存。上半分はサラダなど生食用に、下は炒め物や汁物にと使い分けています。58才・女性
・レモンは、横に切るより縦に切った方がよく絞れます! 68才・男性

※電子レンジの加熱時間は目安です。ご家庭の電子レンジに合わせて調整してください。

たまには解放されたい!という時は、「ステイホームの【食】を応援! 練馬・板橋のテイクアウト&デリバリー情報、家で作る食事のヒント」をチェック!

関連する投稿

ステイホームの【食】を応援! 練馬・板橋のテイクアウト&デリバリー情報、家で作る食事のヒント

毎日の食事を応援するサイトをまとめてみました。…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。